♪楽しいリズム運動療法♪ ~音楽療法の現場から~


音楽の専門家が不在の場合

056.gif018.gif056.gif
施設の中で音楽活動をする場合、音楽の専門家がいないことがありますね。
それでも、いろいろな工夫をして皆さん頑張っていらっしゃいます。

072.gif今日はある施設の工夫を紹介しましょう。

         知的障がいや肢体不自由の成人の方々の施設です。

072.gif音楽プログラムを1グループ8名程度の利用者さんで楽しんでいます。
       ピアノが弾ける職員さんがいないため、 
CD(リズムであそぼ)を利用したり、職員さんの歌声で雰囲気をつくり、
      利用者さんの心を支えています。
    その雰囲気の中で利用者さんは生き生きと楽しんでいます。
CDの利用は、「ともだち」や「ゆれるからだ」「なかよし体操」などを、
ラジカセなどのリピート機能を利用して行っています。

072.gif音楽のプログラムのある日は、遅刻や欠席が少ないと、
         施設の方からお話をいただいています。

056.gif018.gif056.gifこの施設の場合、実際に支援をしているのは施設の職員さんです。
リズム運動療法研究所の大上がスーパーバイザーとして、1月に2回のペースで、
利用者さんとの、音楽を通した、関わりのポイントなどをお伝えしています。
         
by rhythm-movement | 2010-07-31 00:14 | 活動場面♪楽曲紹介 | Comments(2)
Commented by ほり at 2010-08-01 22:19 x
先生、またまたとても参考になる記事、
ありがとうございます。

私のような勉強中の療法士もこれに似ています。(*^_^*)
でも、お仕事なので・・・と、ついつい力が入りすぎてしまいます。

最近は、「私らしく・・」やっていこうと思える様になりました。(少しですが・・)

ブログと先生に、出逢えたおかげです。

勉強中は、いろんな壁にぶつかりへこんでしまいますが、
信頼できる指導者と理解者に出逢えることが、奥の深い
音楽療法を続け、仕事として楽しめるようになるのだと思いました。先生に、本当に感謝しています。

知的障がいや肢体不自由の方の音楽療法は、とても難しいです。(>_<)
でも、一緒に感じる音楽、リズムからの小さな反応や笑顔がとてもとても感動的ですね。

月末は、おやすみでした。
また、明日から頑張ります。(*^_^*)

恥ずかしいけど、これは公開にしま~す。

先生も、お体にお気をつけくださいね。(^-^)
Commented by rhythm-movement at 2010-08-06 13:50
(^0^)こんにちは♪

コメントをいただいていたのに、お返事が遅れてしまいました。
ごめんなさいね。

コーラスの仲間が急に亡くなってしまいました。
とてもとても残念で淋しいものです・・・
11月に予定しているコンサートを楽しみにしていたのですが・・・
帰らぬ人になってしまいました。

♪ほりちゃんがコメントに「私らしく・・・やっていこうと思えるようになりました」と書いていましたネ。 良いなあと思いました。
嬉しいですね。
「私らしく」・・これがとっても大切だと思います。

こどもたちの笑顔が本当に私たちに力を与えてくれますね。

いろんなことを経験していってくださいね。

楽しみにしていますよ♪

<< 綾瀬市で研修会を行いました      研修会のお知らせです >>
リズム運動療法のブログです
by rhythm-movement
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
リンク
ライフログ
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧