♪楽しいリズム運動療法♪ ~音楽療法の現場から~


♪リズム運動療法実技講習会報告♪パートⅠ(2013.3.30実施)

     072.gif018.gif072.gif
     2012年度最終のリズム運動療法実技講習会を無事終了しました。

     当日の参加者は9名で少人数の講習会となりましたが、
     とても充実した講習会になったと感じています。

     知的障がい者施設の職員をなさっている方、特別支援学校の先生、
     児童養護施設や乳児院の保育士さん、地域障がい者施設のコーディネーターの方など
     さまざまな職場でご活躍の方の参加を頂きました。

 072.gif講習会の前半は酒徳先生(作業療法士)の講演
     後半はリズム運動療法の実技講習を行いました。

072.gif今日は作業療法士酒徳先生の講演の様子などを報告しますね。

f0213688_15332842.jpg
f0213688_1533471.jpgf0213688_1534424.jpg
f0213688_15343255.jpg


      酒徳先生には沢山の資料を準備していただきました。
            本当にありがとうございました040.gif

     072.gif今回の先生の講演テーマは、「実践的指導につながる知識・総集編」として
         「実際の世界と脳が作る世界の橋渡しをする感覚の働き」でした。

     ♪先生の講義は「無理なく楽しく身体が使えることが、
     いろいろな感覚を頭の中でまとめていくことになるのだ」というお話で始まりました。

     人の感覚には五感のほかに*固有覚*前庭覚という感覚があります。
     固有覚は筋肉の中にある感覚で、身体の動きの情報を感じるセンサーです。
     自分の動きや身体の位置を感じる感覚です。
     前庭覚は方向や速さに対して地球の重力とうまくやっていく感覚です。
     これらは自分の身体に気付くための大切な感覚です。
     自分の身体の感覚から、自己への気づきが始まり、外界の世界を知っていきます。

      固有覚と触覚を合わせて体性感覚と言います。

053.gif五感の中の*触覚と、*固有覚*前庭覚の三つの感覚が 脳の三大栄養素と言われるものです。

072.gif幼児期にはこれらの感覚を大いに使って遊び、運動を経験することが大切であること、ひいては後の運動にすべて繋がっていきます。
感覚を通して自分の身体に気付くと同時に、身体の軸を作っていくことが大切です。

072.gif身体の軸を作ることの大切さについては講習会報告パートⅡにて報告しますね。

         今日の報告はこれで終わります040.gif

ブログランキング参加しています↓クリックで投票されます。よろしくね。

音楽療法 ブログランキングへ
[PR]
by rhythm-movement | 2013-04-02 16:03 | 研修会 | Comments(0)

<< ♪リズム運動療法実技講習会報告...      ♪Rちゃんの成長♪ >>
リズム運動療法のブログです
by rhythm-movement
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
リンク
ライフログ
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧